儲かる副業と稼げる節約はなに?

儲かる副業はなに?

「働き方改革で時間に余裕が出来たが、残業時間が減った分の給料保証もなく、お金に余裕がなくなって遊べない……」と儲かる副業を探される方が増えています。
「副業」といってもその業種は多種多様で、100%儲かる副業があっても儲ける事が出来る人、出来ない人がいるのはなぜなんでしょう・・・その差は時間的リスク(副業に取り組む時間、必要な知識を学ぶ時間など)です。
最短で儲けるためにも得意(知識等)・不得意や自分の性格を見つめなおし、何が自分にピッタリの副業かを見極める必要があります。副業でどれくらい儲けたいかの目標設定することです。

副業のタイプには

・企業等に雇われる副業
・趣味や資格を活かした副業
・地道な内職的な副業
・ネット(アフィリ・せどりなど)を使った副業
・ネットワークビジネス(MLM)を使った副業
・一攫千金(宝くじ)を狙った副業
・FX/株式取引での副業

目標年収1000万円!!

一般のサラリーマンからみれば「年収1000万円」は憧れの年収です。年収1000万あれば少しリッチな暮らしが待ってます!!現実は 年収1000万円以上稼いでる人は5%未満で半数以上は500万円以下・・・

年収1000万円を目指すなら企業の平均年収300万円より平均年収1000万円企業で働かなきゃ厳しいです。
現実的にハードルが高いかも・・・じゃ、世帯年収1000万円ならどうでしょうか?

世帯年収1000万円目指す!!

確かに転職紹介サービスを利用して上手くいけば「平均年収1000万円企業」に就職することも可能です。
ただ、年収1000万円以上の転職となるとある一定以上のスキルを必要とする場合もあります。
[就職支援サービス]

「 スキルも学歴・コネもないでは年収1000万円は夢物語に・・・」
では、「世帯(兼業)年収(夫婦年収+副業)1000万円」ならどうでしょうか?

「平成28年度の給与所得者(サラリーマン)の平均年収は男性521万円、女性280万円 夫婦で合計所得800万円(実質平均600万円弱)」
少し頑張れば届く金額です。 しかも、 兼業サラリーマンは社会保険の面でお得に・・・社会保険料は会社の給料が基準。

世帯年収1000万円目指す前に

副業で儲けるより簡単なのが「節約で稼ぐ」です。

副業で初月から数万も数十万も稼ぐ人なんてごくわずか、稼ぐには時間とスキルが必要になってきます
節約や節税で稼ぐ方が結果は早いです。

そして、最終目標は 「世帯年収1000万円以上」稼いでで
ゆとりあるイキイキとした生活、将来(老後)に不安のない生活を送りましょう!!

老後に必要なお金は?

なんと老後資金2000万円以上必要

2019年6月に金融庁は、老後を安心して暮らすためには最低「2,067万円」を、老後資金として貯蓄しておく必要があると発表しました。月27万円の生活費に対して年金が月22万円(現状)+月5万~6万円(貯蓄)で約25年(90歳)で貯蓄を使い切る金額です。ただし、現状の年金が維持されて厚生年金をキッチリ払い続けた人がもらえる金額であって国民年金だけだと到底22万円には及ばない支給額になってきます。支給額が維持されても大半の人は月22万円はもらえないのが現状。
老後資金確保するためにも「収入UP」は必要・・・定年後、本業だけでは「給料はゼロ円」になります、本業以外に収入源(投資配当など)は必要です。

始めよう節約

節約はじめよ

節約するなら無理に何かを我慢するのではなく、生活の質を落とさずに普段何気なく使っているものを安く高品質なサービスに変える、精神的にストレスをかける節約は避けるべき。 おすすめは電気・ガス・ネット代・保険といった切り替えても一般的な生活において支障ないものです。


詳細をみる

始めようFX

FXトレード始めよ

近年、在宅副業として話題となるのがFXトレード。FXといえば難しそう、逆にお金を失うといったリスクもありますが、初心者がいきなりなんの知識ももなく始めても損失をだすだけでしょう。まずは少額でリスクを極力なくす方法で!!


詳細をみる

始めよう転売アフィリ

転売*アフィリはじめよ

特にインターネットビジネスでもっとも稼ぎやすいといわれているのが転売ビジネス!!転売といえば商品を仕入れなければならないのでそこには資金が必要になってきます。アフィリエイトと組み合わせる事で資金がほとんどなくても転売ビジネスに取り組める魅力的な方法となります。


詳細をみる

2000万円以上の貯蓄をするには

30年間 毎月5万円(年間60万円)積み立てして1800万円
4人家族一か月の生活費平均としては約32万円。

40歳平均年収600万円で月50万円(手取り40万円)程度で貯蓄可能額は8万円(年100万円)30年で3000万円となりますが果たして・・・
確かに老後資金(2000万円以上)は貯蓄できますが、老後のためだけに働く生活になってしまう人生になってしまわないでしょうか? 老後の資金を気にせずに毎月ゆとりある生活を送るために副業と節約をおススメします。

生活費内訳 総務省統計局家計消費状況調査
食費 約8万円
住居 約9万円(東京 15万円)
車・バイク 約2.9万円
光熱費 約2.1万円
通信費 約1.7万円
教育費 約2.6万円
その他(保険・娯楽・服など) 約4.2万円
合計 約32万円

就職・転職サービス

関西・関東圏の人材 募集案内

■1人1人に合わせた職選び マンツーマンで内定決定までサポート
■関東・関西 3800社(上場企業も100社以上)
■初めての正社員・未経験でも優良企業300社以上のご提案


【支援内容】
サポートは無料 面談ヒアリング 自己PR作成・志望動機作成 面接同行 履歴書・職務経歴書作成 面接の対策 年収交渉

転職・就職先をお探しの方
下記LINEアドレスを登録頂ければエントリーシートを送らさせていただきます
https://line.me/R/ti/p/%40xwc8105r