生活をする上で欠かせないのが電気・ガス・水です。光熱費は生活するうえで必要な出費になります。 光熱費の削減は工夫して生活することで節約につながっていきます。電気ならこまめに使わないものは消すといったこまめな節約術~契約そのものから見直す節約術。ガスなら料理方法を工夫する風呂の追い炊きをしないといったことで節約術があります。まずは出来る節約から始めてください。

光熱費「電気・ガス」の契約を見直す

契約アンペアを見直す

電気代の基本料金は、契約アンペアに応じて高くなります。電気代を節約するためには、契約アンペアを低くすることもひとつの方法です。
契約アンペアを下げると同時に使える電化製品に制限がかけられてこれ以上使うとブレイカーが落ちてしまうということで無駄な電気な消すという行動につながります。ただし、常時使っている電化製品+季節電化製品を使うだけでブレイカーが落ちるような契約では快適な生活はできませんので注意してください。

電気・ガスの契約会社を見直す

電気代がお得に!J:COM電力

今お使いの電力会社の解約手続き、室内工事が不要で、切り替えかんたん。
これまでと同じ品質で安心の電力サービスです。
もちろん、オール電化にも対応!

2016年4月1日から電力小売りの完全自由化に伴ない、一般企業による電力販売がスタート。今までと変わらない品質の電力サービスをJ:COMサービスエリア内のご家庭にお得に提供します。

超格安電力サービス【エルピオでんき】

「エルピオでんき」は、常に比較サイトで節約度No.1を争う知る人ぞ知る格安電力サービス。
エルピオでんきは、2016年電力自由化以来、TVCMなど高価な宣伝をおこなわず、 全てそのコストを低価格の実現に還元してきました。 特長は基本料金、従量料金ともに格安設定。 大家族から、1人暮らしまで旧電力会社比較で最大15%前後の節約に貢献しています。

プロが選んだ優良ガス会社をご案内【ガス屋の窓口】

グループ全体で「80,000世帯(業界最大級)」のガス会社変更実績! 「ガス屋の窓口」は、WEB上でプロパンガス料金の診断・一括見積を行い お客様にとって最良条件の優良ガス会社をご案内するサービスです。 毎月のガス料金が安くなり、料金保証でお客様も安心です。 ガスを利用するご家庭のうち、プロパンガスを利用するご家庭は約45%。 ですが、ガス会社を変更するだけで「ガス料金が安くなる」と知らない方が多く 知るきっかけを作れれば、多数のお客様を獲得することができる市場です。 「カンタン&無料」でお客様を縛る契約も無し。 最大で年間50,000円以上もガス料金節約と、わかりやすいメリットも特徴です。

面倒なお手続きは全てお任せください!【ガスチョイス】

簡単!安心!お得! ガス会社プランを無料で比較して、 1番安いガス会社が分かります。
お申込み・お見積りはWEBフォームから24時間受付!
【ガス会社を乗り換えるメリット】
◎ガス代が安くなる ◎切り替え費用0円 ◎サービスの向上


電気代節約術

待機消費電力を節約する

電気代を押さえるには、無駄な待機電力を使わないようにする。電気代の節約の中で最も有名な方法ですが待機電力が月々どれくらいかかっているのかというと約10%は待機電力といわれています。 1万円の電気代が掛かっているとすると、月1,000円が待機電力となります。無駄な待機電力をなくすことで、電気代が約10%カットされるのです。

エルパ プレミアムタップ5P1.5M コンセント差込5個口/1.5M延長コード

省エネ家電に変える

節約からいつまでも古い家電を使い続けることで逆に電気代が高くなってしまいます、省エネ家電へ買い換えることで電気代を節約することができます。 照明をLED照明に変えるだけ大きな節約効果があります。4LDKの照明器具をLED照明に変更した場合、年間の電気代節約額は18,480円にも・・・
また、昔のエアコンや冷蔵庫は電気の消費が激しいです。15年前のエアコンを買い替えた場合、電気代は年間で2万円近く変われば数年で新しいエアコンが電気代の差額で買えることになってしまいます。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

冷蔵庫の電気代を抑える

冷蔵庫の温度調整を行う「強 から 弱へ」、季節によって温度調整を行うだけでも電気代の節約になります。
冷蔵庫と壁の隙間を開けておく、あまり近づけると熱がこもってしまい冷却能力が低下して電気代が上がってしまします
冷蔵庫にものを詰めすぎない、冷却風が循環しなくなり入れてあるものが冷えにくいといった事がおこり冷やすために余計に電気を消費してしまいます

ガス代節約術

お風呂場編

①お風呂の追い焚きはできるだけしないようにしましょう。 追い焚き回数を日に1回少なくすることでガス代節約!!
お風呂を沸かしたら冷める前に家族がはいるようにしましょう。冷めにくくする方法として保温シートなどを使うといいです。
②シャワーの使用量を減らす1日1分減らすだけで年間12㎡の水が節約できその分のガス代も節約できます。

キッチン編

①炎がなべ底からはみ出してしまうような火はガス代の無駄になってしまっています。 強火から中火にすることでガス代が節約できます。
②鍋やフライパンなどの底に水がついている場合は、拭き取ってから火にかけるようにする
③調理をする際に落し蓋や鍋蓋をすることで熱を逃がしにくくなり、調理時間を短くすることができます。
④野菜の下茹ではレンジをすることで下ごしらえの時間も短くできます。電子レンジで下茹でする際は、耐熱容器に入れてラップをしてレンジであたためましょう。
⑤冷凍してある食品を調理する際は、事前に冷蔵庫で解凍しておくことで調理時間の短縮できます
⑥圧力鍋、保温鍋を使うことで調理時間を短縮できます