稼げる節約の必要性

節約は副業より稼ぎやすい

節約は稼ぐであるという事です。副業や本業で1000円を手に入れるのに時給1000円なら1時間かかります。日用品を買う際、A店で1000円、B店で2000円で販売されているがA店に行くのに1時間かかるが行けば1000円お得に買えるってことです。
節約することで出費を減らすことが出来る、仕事で働いて収入を得るという事出来るここで手元とに残るのは同じ1000円です。
家庭でも少し時間をかけることで節約で稼ぐことが沢山あるはずです。

継続できない節約はしない

写真の説明

「節約」は、面倒、我慢の連続といったイメージがあるかとおもいます。
毎月の食費を削るためにサービス商品、割引商品を選んで購入し食べたいものを買わず、電気代の節約のために使っていないもののコンセントを抜いたり、旅行・娯楽を我慢、ファッションも我慢・・・
確かに無駄なものは買わない使わないは「超節約術を実行」をするには必要な事かもしれないですが毎月、毎日家計費のことをばかり考えていて楽しいのでしょうか?ほとんどの人はそんな節約方法を継続する事すら難しく、ストレスから病気になってしまうかもしれません。

「節約」は生活水準を落とさずにサービス・物の質を落とさずに安くなるようにして毎月、毎日何気なく使っているもので継続を意識しなくてもいい固定費(電気・ガス・通信費・保険)といったものから取り組む「固定費節約」がベストです。


家計の節約方法


家計の大きな支出を占めるものは

「子供の養育費用」「住居費」そして、「親の介護費用」です。
教育費用は幼稚園から大学まで国立であっても1000万円で私立では2倍以上の教育費となります。それ以外で子供のお小遣い・生活費等でさらに1000万円が必要になります。(例えば20年で1000万円貯蓄しようとしたとき年間50万円で月5万円貯める事が必要になってきます)
そこに「親の介護費用」は月に5万円~10万円が必要となったら・・・・(その分、親が貯めていれば問題はないのですが)
年収430万円で手取り額350万円(月30万円弱)の平均的な家庭で
年間50万円貯めるとしたら使えるお金は年間300万円で月25万円という事になります。
毎月25万円で生活費用(住居費・光熱費・食費・交際費・夫の小遣い)で過ごす必要がありますが、節約して過ごしていてもどうしても不足してくるときがあります。そう、まず手に付けられるのが旦那の小遣い・・・旦那としてはたまったものではないですが家庭のために仕方がないことかも。
「毎日・毎月の節約」「空いた時間での副業」・・・これは当然の流れでしょう。
近年、大企業や公務員においてもWワークを認める流れにもなり副業を考える方も増えています。


電気代・ガス代節約方法特集ページへ


健康こそ最大の節約

健康であることが最大の節約といえるかもしれません。病気になれば病衣に行く「1通院数千円」、病気になれば仕事をすることも出来なくなるために基本的に収入はゼロになってしまします。
また、健康保険を使えば国の医療負担も増えることになり各個人の税金負担が増える結果になることも考えられるでしょう。
病院代、薬代等の出費を極力抑えるためにも健康であるべきです。


会社員の税金・保険を減らす

給料天引きされるもの

「厚生年金・社会健康保険・介護保険」 標準報酬月額 * 税率
「雇用保険」 対象月の総所得 * 税率
「所得税」 ((給与総額[a]-所得控除[b])* 税率)- 税額控除[c]
「住民税」 ((給与総額[a]-所得控除[b])* 税率)- 税額控除[c]

所得控除・税額控除申請で大きいのは

所得控除・税額控除には、給与所得・扶養控除、生命保険控除、医療費控除など十数種類ありますが、
税額控除[c]が税金を下げるうえでメリットが大きいのは「住宅ローン控除」「ふるさと納税」

「住宅ローン控除」

現行の住宅ローン控除は、建物にかかる消費税率が8%(あるいは10%)の場合、下記のようになっており、消費税率のアップが再延期されたことにともない、居住開始期間についても平成33年12月まで制度が延長されています。なお、所得税から差し引ききれないものについても、13万6500円を限度として、住民税から差し引くことができることとされています。

ふるさと納税

あなたが応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みです。寄付をすることで、地域貢献につながるだけではなく、地域の特産品・名産品がお礼の品として貰えるうえ、所得税・住民税控除が受けれるうれしい制度です

個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金(iDeCo)の場合、自営業者は月68,000円、年間816,000円まで掛金を拠出でき、全額所得控除の対象 。
一般の金融商品の場合、得られた利息に対し、源泉分離課税(20.315%)が行われますが確定拠出年金の場合は運用益が非課税 。


ふるさと納税で節約