キャッシュレス時代で稼げる節約方法

日本もキャッシュレス社会に

カード

「現金主義」の日本がキャッシュレス社会に大きく舵を切る方向へ
「未来投資戦略 2017」で2025年大阪万博までにキャッシュレス化18.4%を40%まで引き上げる方針をかかげてさらに80%以上と世界トップレベルまで引き上げるというビジョンが示されました。
日本がキャッシュレス化を推進する理由としては、少子高齢化や人口減少に伴う労働者人口減少の時代を迎え、国の生産 性向上は喫緊の課題といえる。キャッシュレス推進は、実店舗等の無人化省力化、 不透明な現金資産の見える化、流動性向上と、不透明な現金流通の抑止による税収 向上につながると共に、さらには支払データの利活用による消費の利便性向上や消 費の活性化等、国力強化につながる様々なメリットが期待されるからです。

キャッシュレス化の代表的な理由

キャッシュレス

1、 キャッシュレス化により現金では把握しにくかったお金の流れが明確になり脱税を防げる
2、市場の消費傾向がデータ化でき市場経済の活性化に役立つ
3、観光立国を目指す日本において外国人観光客がカードが使えないという不満が40%に上る対応
4、高額紙幣を廃止してダーク社会への資金流入防止
5、現金流通減少による紙幣印刷等のコストダウン
6、窃盗等の犯罪防止
などの理由などでキャッシュレス化が進んでいます

あらたな支払い方法

キャッシュレス化社会にともないクレジットカード、電子マネー以外での支払い以外に誕生したのがPAYサービスです。
誕生後、買い物額の20%総額100億円キャッシュバックで話題になったのが「PAYPAY」のQRコードによる支払いシステムです。
QRコード支払いシステムはスマホに専用アプリをダウンロードしてレジでスマホでQRコードを読み込んでもらうだけで支払いが完了してしまうというものです。
PAYPAYに続いてLINEPAY、楽天PAYなど様々な企業が参入して端末を導入するSHOPも増え利便性が上がってきています。

システム導入希望店舗様⇒カード・電マネ・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス


キャッシュレス化によるメリットは

キャッシュレスでポイント還元

日本政府がキャッシュレス推進のために行った方法は2019年10月から消費税が8%から10%に上がるタイミングでキャッシュレス決済をすれば期間限定で増税分2%を還元実施。

今までも通常の買い物でもカードを使うことで
「お店の発行するカーでであればそのお店のポイント」
「クレジットカード払いによるポイント」
さらに「消費税2%還元」という大きなメリットが出てくることになります。

小銭で財布があふれることもなくなり、どこで何を買ったか記録にのこりますのでいつの間にかお金がないっていう事がなくなります。

⇒ CREDIT CARD特集